pagetop 予約

こどもの矯正

こどもの矯正について

治療の開始時期

矯正治療を始める時期はいつがいいのか

これはこどもの歯並び、咬み合わせを心配されているお母さまから
よく受ける質問です。
お子さんの状態はみんなそれぞれ違っています。

こどもの矯正治療の開始時期

例えば、反対咬合(受け口)の場合は他の不正咬合の場合と少し異なり、比較的早めに治療を開始された方が良い結果となることが多いです。

受け口以外のお子さんであれば、目安としては6~7歳頃までに一度、矯正専門の歯科医院の受診をおすすめします。

また、治療方法に関しましても、すべての方が同じ治療をすれば良いというものではなく、不正咬合の種類や原因、成長発育の状態などはこどもによって異なりますので、それぞれのこどもの症状に適した、より効果的な治療法がございますので、不安や疑問を抱えず歯並びや咬み合わせの問題にお気づきになられた時点で無料のご相談にいらしてください。

成長期から矯正を始めるメリット

お子さんが成長期の時には歯が生え変わるだけでなく、あごの骨も成長します。

成長期から矯正治療をはじめることで、歯並びや咬み合わせとともに骨格的なずれが改善していくよう成長発育を促すことができます。

これが成長期の矯正治療の一番の目標となります。

成長期から矯正を始めるメリット

成長期の矯正治療をするメリット

成長期の矯正治療をするメリット

あごの正しい発育を促す

あごの成長をコントロールすることにより、骨格的なずれを改善し顔立ちも改善することが可能となります。
また、あごの成長過程で咬み合わせが悪い状態のままにしておくと、あごが変形してしまうことがありますが、これを防ぐことが可能となります。

永久歯の抜歯の可能性が減る

あごが小さいお子さんの場合、成長期であれば狭いあごを前や奥、横に広げることが可能となり、永久歯の並ぶスペースを確保することで、抜歯の可能性を減らすことができます。
また、乳歯を抜くタイミングを調整することにより、永久歯の生えるスペースをきちんと確保することも重要となります。

虫歯・歯周病予防も可能

矯正治療に定期的にご来院いただくことで、口腔内を管理することができるため、虫歯の予防や虫歯の治療も早期の段階で行うことができます。
当院では虫歯治療は行っていないため、紹介元の歯科医院もしくは信頼のおける歯科医院を紹介させていただきます。

お口の問題点、指しゃぶりや舌癖などの悪習癖を早期に発見することが可能

お口になにか問題点がある場合や習慣性の癖があるとあごの成長、歯並びだけでなく発音などにも影響を及ぼす可能性があるため、これらの早期発見により予防が可能になります。

本格矯正治療(二期治療)の装置をつける期間が短くてすむ

あらかじめこどもの矯正時期に歯並びを改善することにより、本格矯正(二期治療)が必要となった場合、治療期間を短くすることができます。

Copyright (c) 2020 神戸市東灘区岡本 JR摂津本山駅前・しのはら矯正歯科