pagetop 予約

医院紹介

院長紹介

はじめまして。
しのはら矯正歯科 院長の篠原丈裕です。

この度は当院のホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

大学病院の矯正科にて培った経験や知識を通じて社会貢献を行いたいと考え、この地で開業させていただくことになりました。

「歯並びを治したい」という明確な意思をお持ちの方はもちろん、「子供が大丈夫なのか一度診てもらいたい」「歯並びで気になることがある」などといった小さな不安でも構いませんので、気軽に相談にいらしてください。

ゆっくりとお話を聞かせていただき、皆さまが良い笑顔となれますようお手伝いができれば幸いです。

  • ご自身や大切な方が不安なく治療を受けられる
  • 安心・確実な治療をご提供する
  • 治療に行くのが楽しいと思ってもらえる

そんな医院であるようスタッフ一同努力していきます。

しのはら矯正歯科 院長 篠原丈裕

日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士

院長略歴

  • 国立徳島大学歯学部歯学科卒業
  • 国立徳島大学大学院卒業(口腔科学教育部顎顔面矯正学講座終了)

免許・資格

  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • 歯学博士

院内紹介

しのはら矯正歯科の衛生管理

院内感染防止のために

院内感染防止のために

院内感染防止の観点から、矯正歯科の診療に使用する器具は、患者さんごとに交換する必要があります。
また、ただ交換するだけではなく、洗浄・消毒・滅菌を徹底しています。

当院では患者さんに安全な医療を提供し、安心して診療を受けていただくために、衛生管理に努めています。

衛生管理の流れ

衛生管理の流れ

当院の診療で使用する器具の衛生管理についてご紹介します。

器具を消毒液に浸して超音波洗浄器で洗浄

超音波洗浄器

使用した器具の汚れを水で流し洗浄した後、消毒液に浸し、超音波洗浄器で通常の洗浄では落としきれない細かな汚れまでしっかりと落とします。

器具を滅菌パックに封入

滅菌パック

超音波洗浄時に使用した薬液を、再び水でキレイに洗い流して乾燥させた器具を、滅菌パックに封入します。

器具をオートクレーブ(クラスB準拠)で滅菌

オートクレーブ

クラスB準拠のオートクレーブは、医療先進国であり世界で最も厳しいとされるヨーロッパの基準で、「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。

従来のオートクレーブでは滅菌が難しいとされてきた中空(パイプ状)製品や、多孔性材料(包装品・ガーゼ・ドレープ)の内部など、あらゆる形状の被滅菌物を滅菌します。

器具を滅菌パックで保管

滅菌パック

長期の滅菌保存が可能な滅菌用包材(滅菌パック)に入れて保存します。

その他の取り組み

その他の取り組み

当院では、その他にも次のようなことにも取り組んでいます。

1.患者さんが使用する紙コップや患者さんにかけるエプロンはディスポーザブル(使い捨て)

2.歯科医師・スタッフが使用するグローブは患者さんごとに交換

3.院内の各エリアに空気清浄機を設置

※新型コロナウイルス感染症の対策については、こちらをご覧ください。

Copyright (c) 2020 神戸市東灘区岡本 JR摂津本山駅前・しのはら矯正歯科